FOMCとは?いつ開催される?相場への影響やFXへの活かし方も解説

FXのみならず、マーケットに多大な影響を与えるイベントとして「FOMC」があります。

FXを始めるとちらほら聞くキーワードではありますが、どういう意味なのかわからない初心者の方もいると思います。

ハル
FXは最初知らない単語がいっぱい出てきて混乱しますよね

そこで本ページではFOMCの意味や開催時期、相場への影響やトレードへの活かし方など、FXトレーダーとして知っておきたいFOMCの情報をまとめましたので、ぜひ参考にしていただければと思います。

それでは見ていきましょう。

FOMCとは?意味と役割、FX相場への影響

FOMCとは?
  • アメリカの政策金利を決定する会合
  • ドルの金利、方向性を決めるのでマーケット全体が注目している
  • FOMCはアメリカの中央銀行「FRB」が開催する

FOMCとは、「Federal Open Market Committee(連邦公開市場委員会)」の略で、アメリカの政策金利を決定する会合のことです。

金利が上がれば(上がりそうなら)ドルの魅力が上がることになりドルが買われ、逆に金利が下がれば(下がりそうなら)ドルは売られることになるため、金利は為替にとっての本質で超重要な指標です。

その金利を決定する会合となるFOMCなので、結果次第でドル円やドルストレートの通貨ペアにとって大きな値動きとなります。

また、逆にFOMC前には様子見ムードとなることが多く、数時間前からあまり値動きがなくなったりリスクオフの動きをすることが多くあります。

ハル
世界の中心「米ドル」の命運を決める超超超ビッグイベントですね

FOMCは日本における「日銀政策決定会合」と同じですが、ドルは世界の基軸通貨であり中心なので、世界中が注目しています。

為替だけでなく株式市場や商品市場など、マーケット全体に大きな影響を与える一大イベントとなっています。

FRBはアメリカの中央銀行

ちなみにFOMCと一緒によく聞くFRBは「The Federal Reserve Board」の略でアメリカの中央銀行のようなところです。

日本で言う日銀と同じ機関と考えると良いでしょう。

FBRは日本語で「連邦準備理事会」とも言われます。

FOMCはFRBによって開催され、アメリカの金融政策やFFレート(金利)の目標を決定しています。

FRBは中央銀行の名称、FOMCはその中央銀行が開催する会合の名前という感じですね。

FOMCはいつ? 開催時期と日本時間

FOMCは年に8回開催され、おおよそ1ヶ月半に一度開催されます。

2021年の場合は以下のスケジュールによって開催され、FOMC開催の約3週間後に会議の議事録が公表されます。

また2回に一度はFOMC直後にFRB議長の会見があります。

開催日 FRB議長会見 議事録公表
1月26日午後2時
(日本時間:1月27日午前4時)
2月17日(現地時間)
3月16日午後2時
(日本時間:3月17日午前3時)
4月7日(現地時間)
4月27日午後2時
(日本時間:4月28日午前3時)
5月19日(現地時間)
6月15日午後2時
(日本時間:6月16日午前3時)
7月7日(現地時間)
7月27日午後2時
(日本時間:7月28日午前3時)
8月18日(現地時間)
9月21日午後2時
(日本時間:9月22日午前3時)
10月13日(現地時間)
11月2日午後2時
(日本時間:11月3日午前3時)
11月24日(現地時間)
12月14日午後2時
(日本時間:12月15日午前4時)
1月5日(現地時間)
ハル
注目度はFOMC結果(ドットチャートなど)>FRB議長会見>>議事録
という感じですが、サプライズがあることも・・

年によって若干日程の違いはありますが、おおよそ毎年同じようなスケジュールで開催されています。

日本時間ではサマータイムなどによって、若干時間が変わってくるので注意が必要です。

関連記事

こんにちはハルです。 本日(3月15日)から米市場のサマータイムが開始されましたね。 これによって、ニューヨーク時間が1時間早まり、NYオプションカットや指標発表の時間も1時間早まるので、日本で普通に生活する日本人としてはトレー[…]

年末に翌年のFOMC日程が決定する

なお、毎年の年末クリスマス前後に翌年のFOMCの日程が発表され、翌年のFOMC開催日が確定します。

発表時にはなんとなくいつ頃FOMCが開催されるのか頭に入れておくと良いですね。

投資の情報サイトなどを参考にFOMC日程を確認しておくと良いでしょう。

FOMC開催日程

FOMCドットチャートの確認方法

ハル
ドットチャートはFOMCメンバーのスタンスを端的に表したものです

FOMCの結果として、各FOMCメンバーのスタンスを示したドットチャートが参考にされることが多いです。

ドットチャートはニュースやツイッターなどで多くの人がシェアしてくれますが、自分で一次情報を取得して確認することもできます。

FOMCのドットチャートはFRBの公式サイトで確認可能です。

ハル
FRBのサイトを直接確認すると、金融の専門家になったようで少しテンションが上りますね。

以下のFRB公式サイトから、確認したいFOMCの日程の「Projection Materials」のPDFを選択すると確認できます。

FRB公式サイト(Federal Open Market Committee)

ファイル内には以下のようなドットチャートが掲載されており、各メンバーがいつどの程度の金利水準を見込んでいるかを確認できます。

直近2021年6月のFOMCであれば、2023年までに利上げ(0%より高い金利)を見込んでいるメンバーが13名おり、かなりタカ派の結果となったことがわかります。

この結果が出たら上がる下がるという絶対的な感じではなく、あくまで市場の予想や前回FOMCから見てどう変化したかなど、FOMCメンバーの姿勢を見て将来の金利動向にとってどういう結果となったかを探るのが主となります。

FOMCのFXへの活かし方

ハル
FOMCをトレードに活かそう!
FOMCのFXへの活かし方
  • FOMC結果を予想してポジションを取る
  • 結果後の流れに乗って短期トレード
  • FOMC前にポジション調整してリスク回避

FOMCは世界の中心「米ドル」の金利を決める、為替だけでなくマーケットにおけるビッグイベントです。

そのためFXでもFOMCは大きく利益を出すチャンスであり、うまく活かすことでトレード成績を大きく向上させることができます。

FOMCの活かし方はトレーダーによって異なりますが、大きくは以下のような活かし方になります。

  • FOMC結果を予想してポジションを取る
  • 結果後の流れに乗って短期トレード
  • FOMC前にポジション調整してリスク回避

FOMC結果を予想してポジションを取る

まずはFOMCの結果を自分なりに予測して、予測通りになった場合に動くであろう方向性にポジションを取っておくことです。

2021年6月の結果を例にすると、大きくタカ派となりそうだ(米金利上昇の期待が高まる)と考えるなら、ドル高になると考え、ドル円を買っておいたりドルストレートの通貨ペアをショート(売り)してポジションを取っておきます。

予想通りタカ派の結果が出れば、大きく利益を取ることができます。

結果後の流れに乗って短期トレード

一方、結果を予測してのトレードはギャンブル性が高いと考えるなら、FOMC結果発表まではポジションを取らず、FOMC後の値動きを見て流れに乗る方法もあります。

FOMC後は短期で大きくトレンドが出ることもあるので、値動きの方向性が見えたら短期の押し目を狙ったり、節目となるラインをブレイクしたところでエントリーするブレイクアウト戦略を取ることで利益を狙うことができます。

トレンドの初動はとれませんが、方向性が出た後に流れに乗ることでリスクを抑えつつリターンを狙えます。

ハル
私は雇用統計もFOMCも結果の予測はせず、方向感が出たら押し目を待って流れに乗る短期トレードをしています

FOMC前にポジション調整してリスク回避

また、FOMCは大きく動くイベントですので、リスクを取らずノーポジションで完全にスルーするのも一つの戦略です。

指標やイベントではなく、その後の通常の値動きをきっちり取っていくのであればFOMCを完全スルーすることもできます。

どの戦略が正解ということはありませんが、FOMCの開催時期や結果をきっちり押さえて、自分の戦略にあった備え方をすることが重要になります。

指標など、FX投資家がチェックすべきサイトは以下の記事にまとめていますので参考にしていただければと思います。

関連記事

FXでは指標発表や要人情報、他の投資家の動向など、周辺情報を知っていると、環境認識や節目の価格の確認に役立ったり、トレンド転換をいち早く知ることができます。 少しずつ参照する情報を増やしてきましたが、なんだかんだと情報元が多くなってき[…]

まとめ

FOMCの意味や開催時期、トレードへの活かし方などを見てきました。

内容をまとめると以下のようになります。

まとめ
  • FOMCはドルの方向性を決めるマーケットのビッグイベント
  • 開催は年に8回でおおよそ1.5ヶ月に一度開催される
  • ドットチャートなどを確認してFOMCに備える

FOMCはアメリカの金融政策を決める政策決定会合で、政策金利の上げ下げによってアメリカの金利を決め、結果的に世界のマーケットに大きな影響を及ぼします。

金利が0.25%上がるという決定事項はもちろん、「いつ頃までにどれくらい金利を上げるべき」と考えるメンバーがどれくらいいるのかや現在の景況感をどう考えているのかなど、参加者のスタンスなどによってもマーケットは動きます。

ハル
FOMCはFX業界のお祭りといえます!

開催は年に8回あり、おおよそ1.5ヶ月に一度開催されます。

年の頭には開催スケジュールは決まっていますので、頭の片隅にでも置いておくと良いですね。

FOMCをトレードに活かすには、結果を予測してあらかじめポジションを取ったり、結果を受けて動いた方向についていったりと様々ですが、FOMCを頭に入れてトレード戦略を立てる必要がありきちんと備えておく必要があります。

FOMCのスケジュールはきちんと押さえつつ、FOMCの結果はなるべく信頼できる情報源から情報を得て、自分の戦略にあったやり方でFOMCに備え、トレードに活かしていきましょう。

ではでは

海外FXなら人気No1のXM!

XMは日本人気No1の海外FXで、最大888倍のレバレッジ追証なしのゼロカットシステムが魅力です。

ボーナスが充実していることでも知られていて、登録だけで3,000円ボーナス、入金ボーナスは最大50万円分もらうことができます。

ボーナスだけのトレードも可能なので、海外FXならまずは人気No1のXMがおすすめです。

\入金ボーナス最大50万円/
XMのボーナスを今すぐ獲得

 

 

おすすめ海外FX会社ランキング

各海外FXの特徴をまとめて、総合的におすすめの海外FXを紹介しています。

どういった人におすすめの海外FXなのかも紹介していますので、新たに利用したい海外FXを探している人はぜひ参考にしてください。

各海外FX会社のレバレッジや入金、登録ボーナスも一覧にしています!

\登録・入金でもらえる高額ボーナスを一挙獲得/
おすすめ海外FXランキング