【2021年】ニューヨーク、ロンドンのサマータイムの開始日と主な取引時間

こんにちはハルです。

本日(3月15日)から米市場のサマータイムが開始されましたね。

これによって、ニューヨーク時間が1時間早まり、NYオプションカットや指標発表の時間も1時間早まるので、日本で普通に生活する日本人としてはトレードがしやすくなる人が多いと思います。

サマータイムはロンドン市場と米市場で別の日に適用され開始していきますので、2021年のニューヨーク・ロンドンのサマータイムの開始日と主な影響について見ていきたいと思います。

ニューヨーク、ロンドンのサマータイムの開始日

まず、サマータイムはアメリカ、ロンドンでそれぞれ以下の期間適用されると決まっています。

アメリカ、ロンドンのサマータイム期間
  • アメリカ:3月第2日曜日~11月第1日曜日
  • ロンドン:3月最終日曜日~10月最終日曜日
  • オセアニア:4月第1日曜日~10月第1日曜日

そのため、2021年に当てはめると以下のようになります。

2021年のアメリカ、ロンドンのサマータイム期間
  • アメリカ:3月14日
  • ロンドン:3月28日

市場は月曜からなので、NY市場は3月15日からロンドン市場は3月29日からということになりますね。

なお、欧州ではサマータイムの廃止が決まっているため、2021年が最後のサマータイムとなり、2021年10月に時間を冬時間にしてからは時間を変更することはなくなります。

日本人としては取引時間が早くなり取引しやすくなるサマータイムはあってもよいですが、取引時間が季節によって変わるのがいやな人もいると思いますし、ロンドンなのでサマータイム廃止は好意的に受け止める人が多いのかなと思います。

他国のことなのでとやかく言う資格はありませんが、ヨーロッパでの現地調査でもサマータイム廃止に賛成の人は8割を超えているようですし、個人的にも賛成です。

サマータイム開始に伴う取引時間の変更と主な影響

サマータイム開始に伴い、取引時間が1時間早くなります。
(南半球なのでオセアニアのみ取引時間が1時間遅くなる。)

これまで22時だったことが21時に起こるような感じですね。

日々のトレードに関係するイベントだと、主に以下のような変化があります。

サマータイム開始による影響
  • アーリーロンドンの開始:16時→15時
  • ロンドンオープン:17時→16時
  • 米国経済指標が多い時間:22時30分→21時30分
  • NYオープン:23時30分→22時30分
  • 米国経済指標が多い時間:24時→23時
  • NYオプションカット:24時→23時
  • ロンドンフィックス:25時→24時
  • ロンドンクローズ:26時→25時
  • NYクローズ:7時→6時

あくまで目安ですが、私の場合は相場の歪みが発生しやすいアーリーロンドンやボラが大きくなるロンドンフィックスの時間帯が好きなので、注意しないとですね。

今はアメリカのみがサマータイムとなるので、欧州がサマータイムになるまではあやふやな感じが続きそうですが、うっかり時間を間違えて不用意なエントリーをしてしまうこともあるので、きちんと頭に入れてトレードしてきたいですね。

ではでは

海外FXなら人気No1のXM!

XMは日本人気No1の海外FXで、最大888倍のレバレッジ追証なしのゼロカットシステムが魅力です。

ボーナスが充実していることでも知られていて、登録だけで3,000円ボーナス、入金ボーナスは最大50万円分もらうことができます。

ボーナスだけのトレードも可能なので、海外FXならまずは人気No1のXMがおすすめです。

\入金ボーナス最大50万円/
XMのボーナスを今すぐ獲得

 

 

おすすめ海外FX会社ランキング

各海外FXの特徴をまとめて、総合的におすすめの海外FXを紹介しています。

どういった人におすすめの海外FXなのかも紹介していますので、新たに利用したい海外FXを探している人はぜひ参考にしてください。

各海外FX会社のレバレッジや入金、登録ボーナスも一覧にしています!

\登録・入金でもらえる高額ボーナスを一挙獲得/
おすすめ海外FXランキング