グランビルの法則の買いパターン・売りパターン

移動平均線を活かした手法のもとになる考え方の一つに「グランビルの法則」があります。

グランビルの法則は移動平均線の向きや現在値との関係性から、買いか売りのシグナルを出してくれ、使いやすい考え方です。

グランビルの法則には明確に買いパターン、売りパターンがありますので、今回はグランビルの法則の売買シグナルを見ていきましょう。

グランビルの法則の売買シグナル

グランビルの法則には移動平均線の向きや現在値との関係で、4つの買いパターンと4つの売りパターンがあります。

グランビルの法則の4つの買いパターン

買いシグナル
  1. (1)下向きの移動平均線を価格チャートが下から上に抜ける
  2. (2)上向きの移動平均線の時に価格チャートが上から下に抜ける
  3. (3)価格チャートが移動平均線の上にあり、移動平均線に向いて下落した後に移動平均線より上で反発して再上昇
  4. (4)移動平均線が下向きで価格チャートがさらに大きく下回り乖離がある状態

(1)は下落トレンドから上昇トレンドに転換するサインで、下落トレンドの状態で価格が移動平均を上回るということは過去の平均を現在値が上回っている、つまり上昇しているということなんですね。

(2)は押し目のサインで、全体としては上昇しているものの一時的に価格が移動平均を下回り割安な状態にあるということです。

(3)は(2)よりも強い相場の時の押し目で、上昇トレンド中に価格が一時下落するも移動平均線まで下がらずまた上がる状況です。

移動平均線を下回らないことで(2)よりもより押し目が浅いというか相場が強い状況と言えますね。

(4)は移動平均線が下向きで下落トレンドになっているものの、価格が低すぎて割安になっている状態でリバウンド買いのチャンスといえます。

(1)は転換、(2)(3)は押し目、(4)はリバウンドのチャンスという感じです。

同じような状況でもダマシとなる可能性もありますが、上昇しやすいチャートパターンといえます。

グランビルの法則の4つの売りパターン

続いて売りパターンを見ていきましょう。

売りシグナル
  1. (5)移動平均線が横ばいor下向きで価格チャートが上から下へ抜ける
  2. (6)移動平均線が下向きで価格チャートが一旦移動平均線を上回った後に下落になった
  3. (7)価格チャートが移動平均線の下にあって移動平均線に向かって上昇するもタッチせずに再下落
  4. (8)移動平均線が上向きで価格チャートがさらに大きく上にいっている

基本的には買いパターンを逆さまにしただけなので、買いパターンだけでもOKですね。

(5)は相場が下落トレンドに入っているサインで、全体的なトレンドがレンジや少し下落トレンドの中で、価格が移動平均以上に早いスピードで下落している状態です。

下落トレンドが加速して、価格がさらに下がりやすい状況といえます。

(6)は押し目で、移動平均を上抜けるも下落圧力が強く再び下落する状況です。

(7)は弱い押し目で、押し目が移動平均まで上がらずに再下落する状況です。

(8)はリバウンド狙いで、上昇トレンド中でも移動平均に対して価格が大きく上に乖離している状態で、その後移動平均に寄せるように下げていくであろう状態です。

グランビルの法則は多くの投資家に意識されている法則なので、はっきりとした状態になれば多くの投資家が法則通りに行動し、結果法則通りに価格が動きます。

そのため、全面信頼するのは危険ですが、意識して参照する売買シグナルの一つくらいには考えておく必要がありそうですね。

個人的な活用方法としては、押し目を狙う時の反転ポイントとして、グランビルの法則のシグナルを使っていきたいと思います。

海外FXなら人気No1のXM!

XMは日本人気No1の海外FXで、最大888倍のレバレッジ追証なしのゼロカットシステムが魅力です。

ボーナスが充実していることでも知られていて、登録だけで3,000円ボーナス、入金ボーナスは最大50万円分もらうことができます。

ボーナスだけのトレードも可能なので、海外FXならまずは人気No1のXMがおすすめです。

\入金ボーナス最大50万円/
XMのボーナスを今すぐ獲得

 

 

おすすめ海外FX会社ランキング

各海外FXの特徴をまとめて、総合的におすすめの海外FXを紹介しています。

どういった人におすすめの海外FXなのかも紹介していますので、新たに利用したい海外FXを探している人はぜひ参考にしてください。

各海外FX会社のレバレッジや入金、登録ボーナスも一覧にしています!

\登録・入金でもらえる高額ボーナスを一挙獲得/
おすすめ海外FXランキング