ダウ理論6つの基本原則とトレードへの活かし方

テクニカル分析を勉強していると、ダウ理論をよく聞くことになり、有名なトレーダーの人でも参考にしているテクニカル分析の基礎知識ということで学んでいます。

ダウ理論について、メモしておきたいと思います。

ダウ理論とは

ダウ理論はチャールズ・ダウによる相場理論で、テクニカル分析の基礎となっている考え方です。

現在も多くの投資家に支持されていて、テクニカル分析や指標などすべての考え方の基礎となっていると言っても過言ではない理論です。

多くの投資家やテクニカル分析手法の基礎となっていることから、ダウ理論の法則に則った値動きや節目が多くの投資家に意識されているので、私としてもきちんと理解を深めてトレードに活かしていく必要があります。

ダウ理論6つの基本原則

ダウ理論は基本となる6つの原則からなります。

ポイント
  1. 市場には3つの動きがある
  2. 市場動向には3つの段階がある
  3. 市場はすべてのニュースを織り込む
  4. 市場は互いに確認しなければならない
  5. トレンドは出来高によって確認される
  6. トレンドは明確な終了シグナルが現れるまで継続する

市場には3つの動きがある

市場の3つの動き
  • 短期:1時間~1ヶ月
  • 中期:数週間~数ヶ月
  • 長期:1年~数年

市場には短期、中期、長期の3つのトレンドがあるという考え方です。

短期は1時間から1ヶ月程度、中期は数週間から数ヶ月程度、長期は1年から数年間のトレンドがあるということです。

短期的には上昇トレンドでも中期では下落トレンド、さらに長期では上昇トレンドということもあります。

また、トレンドはより長期のトレンドの方が強く優先されます。

マルチフレーム分析の基礎となる考え方と言えそうです。

市場動向には3つの段階がある

市場の3つの段階
  • 先行期:トレンドの初期状態
  • 追随期:トレンドが成長する時期
  • 利食い期:トレンドの最終段階で転換の兆し

また、トレンドは先行期、追随期、利食い期の3つの段階があります。

先行期に一部の投資家からの資金が流入し、トレンドの初期状態を形成します。

その後、トレンドができたことに気づいた投資家が次々に追随してきて、市場全体が大きくトレンドに乗って上昇する時期です。

利食い期はトレンドの最終段階で、素人や出遅れた一般投資家もトレンドに乗ってきますが、初期に入った投資家の利益確定売りをしていき、追随期に入った投資家も徐々に利食いを始めることで上昇から下落へとトレンドが転換していくことになります。

このように、トレンドの初期、中期、終期と遷移していき、トレンドは終了します。

利益を出すためには追随期には入らないといけませんね。

市場はすべてのニュースを織り込む

ファンダメンタルズ的な要因やニュースなどはすべて価格に織り込まれているという考え方です。

すべての情報は今のまた将来の価格にすべて織り込まれるという考え方ですので、投資において値動きがいかに大事かを説いています。

投資において値動きこそがすべてであり、投資においてチャート分析が非常に重要になるというテクニカル分析の重要性を表しています。

市場は互いに確認しなければならない

市場は相互に影響しあっているため、関連の強い市場は確認する必要があるという考え方です。

相関性のある市場をチェックすることでトレンドや転換をとらえることもでき、重要となります。

トレンドは出来高によって確認される

トレンドができる時には出来高も上がることになります。

トレンドができるということは、価格がどちらかに偏ることであり、買い手か売り手が一方を大きく上回っている状態です。

買い手と売り手が非常に少ない状態で拮抗していることはありますが、「大きく上回る」ということは相場の参加者の絶対値も増えることになるので、トレンドができる時には出来高も増えるという考え方ですね。

実際に相場が動く時には出来高も大きく増えることになりますので、テクニカル分析における出来高をチェックする重要性も感じます。

トレンドは明確な終了シグナルが現れるまで継続する

ダウ理論におけるトレンドの定義
  • 上昇トレンドでは高値、安値が両方とも切り上げていく
  • 下降トレンドでは高値、安値が両方とも切り下げていく
  • 高値、安値の切り上げ、切り下げが両方できていないとトレンドの崩壊
  • 高値、安値の切り上げ、切り下げが逆転するとトレンド転換

最後に最も重要な原則で「トレンドは明確な終了シグナルが現れるまで継続する」です。

トレンドは上昇トレンドであれば高値と安値を切り上げながら上昇し、下落トレンドであれば高値と安値を切り下げながら下落していきます。

これがダウ理論におけるトレンドの定義です。

高値と安値の更新がトレンド継続の条件であり、逆に言うと高値や安値の切り上げができない時にはトレンド終了となります。

その後に高値と安値の切り上げ、切り下げが完全に逆転するとトレンドの転換となり、上昇トレンドであれば下降トレンド入り、下降トレンドであれば上昇トレンド入りとなります。

高値と安値の切り上げ・切り下げは非常にわかりやすい指標で、トレードへの活用もしやすそうですね。

ただ、実際には高値の切り上げが終了してもトレンドが継続していくことはあり、実際のトレンド終了やトレンド転換はもう少し先となることが多いです。

あくまでダウ理論上のトレンドの定義であり、トレンド継続・転換の目安の一つとするのが良いでしょう。

私の場合はSMA100のブレイクをもってトレンドの転換と考えています。

トレンド転換の指標
  • 高値、安値の切り上げ、切り下げの終了
  • SMA20のブレイク
  • SMA50のブレイク
  • SMA100のブレイク
  • SMAのゴールデンクロス、デッドクロス

ダウ理論はすべてのテクニカル分析の基礎

ダウ理論は一見すると当たり前のことを言っているようですが、テクニカル分析の基礎となる考え方になっていて、色々なテクニカル分析や手法を考える際の基になっています。

何かを学んでいるとダウ理論に行き着くこともあり、一度はきちんと学んでいかないといけないんでしょうね。

私もダウ理論を学んでトレンド把握をきちんとしていきたいと思います。

海外FXなら人気No1のXM!

XMは日本人気No1の海外FXで、最大888倍のレバレッジ追証なしのゼロカットシステムが魅力です。

ボーナスが充実していることでも知られていて、登録だけで3,000円ボーナス、入金ボーナスは最大50万円分もらうことができます。

ボーナスだけのトレードも可能なので、海外FXならまずは人気No1のXMがおすすめです。

\入金ボーナス最大50万円/
XMのボーナスを今すぐ獲得

 

 

おすすめ海外FX会社ランキング

各海外FXの特徴をまとめて、総合的におすすめの海外FXを紹介しています。

どういった人におすすめの海外FXなのかも紹介していますので、新たに利用したい海外FXを探している人はぜひ参考にしてください。

各海外FX会社のレバレッジや入金、登録ボーナスも一覧にしています!

\登録・入金でもらえる高額ボーナスを一挙獲得/
おすすめ海外FXランキング